構造システムは、建築構造計算および各種構造計算用ソフトウェア(一貫構造計算、耐震診断計算、耐震補強、応力解析、振動解析など)のプログラム開発と販売を行っています。
トップページ  >  製品案内  >  +NBUS7  >  +Revit Op. 製品紹介
Autodesk Revitデータ共有オプション 構造モデラー+Revit Op.


構造図と構造計算書の整合性確認を省力化

「構造モデラー+Revit Op.」は、一貫構造計算ソフトウェア「構造モデラー+NBUS7」とオートデスク社のBIMソフトウェア「Autodesk Revit®」間でデータ共有を実現する「構造モデラー+NBUS7」のオプションプログラムです。

「情報精度の低下」を解決する最適なソリューション

一貫構造計算とBIMとの新しいデータ連携のカタチ

構造躯体を入力する構造設計プラットホーム「構造モデラ―」とひとつの建物データ(Revitプロジェクト)を共有し、BIMとの整合性を保持しながら構造設計を進めることができます。また、「構造モデラ―」上で一貫構造計算および出力を行うソフトウェア「+NBUS7」によりダイレクトに構造計算を行うことができます。

また、建物データだけでなく構造計算で必要な荷重と計算条件も「構造モデラー」と「Revit」で共有できます。

構造システムは、オートデスク社のAEC業界パートナーです。


よくあるご質問はこちらから


建物形状の共有で構造モデラーとRevit間の整合性を保持

+Revit Op.の機能により、構造モデラーは、Revitのアドインメニューから起動でき、構造モデラーの作業終了後に自動でRevitに戻ります。
構造モデラーで作成、編集した建物形状をRevitで開くこと、Revitで作成、編集した建物形状を構造モデラーで開くことができ、構造モデラーで入力した荷重データ、計算条件などの構造計算データもRevitプロジェクトへ保存できます。
また、RevitプロジェクトのGUIDと構造モデラ―のGUIDを関連付けることで、変換対象の部材(オブジェクト)を明確化し、不必要なモデルの新規変更を少なくします。


建物形状の共有で整合性を保持



メッセージ位置をRevitで確認

Revitから構造モデラーを起動するときに表示されるメッセージについて、メッセージ対象の部材位置をRevit上で確認できます。位置を確認したいメッセージを選択すると、Revitの画面でメッセージ対象となったインスタンスが選択状態となり強調表示されます。

メッセージ位置をRevitで確認


スラブ厚ゼロ、壁厚ゼロの構造モデラーデータ保持機能

構造モデラーに構造計算で使用されるスラブ厚ゼロ、壁厚ゼロの部材入力がある場合でもRevitデータに格納できます。Revit側ではスラブ厚ゼロ、壁厚ゼロの部材をインスタンスとしませんが、再度構造モデラーに変換する際にはスラブ厚ゼロ、壁厚ゼロのデータを復元します。


ファミリのマテリアルと構造モデラー断面符号の材料をリンク

+Revit Op.では、Revitのファミリのマテリアルと構造モデラーの断面符号およびプロパティ配置の材料をリンクします。



さまざまな製品へデータ活用


連携図


Revitのアプリケーションにも対応

メッセージ位置をRevitで確認 構造モデラーからRevitへインポートしたプロジェクトは、Autodesk App Storeで公開されているつぎのRevitアプリケーションなどにも対応できます。

  • RC断面リスト作成
  • S断面リスト作成

https://apps.autodesk.com/ja



基本操作


Revitを起動後にアドインメニューに追加される次のメニューから操作を行います。


Revitから構造モデラーを起動

構造モデラーで構造計算を実行

Revitの建物形状データを構造モデラーで共有し、構造計算などの作業を行うことができます。


構造モデラーデータのインポート

構造モデラーからRevitに建物形状や荷重などをインポートします。


構造モデラーデータのエクスポート

Revitから構造モデラーデータをエクスポートします。


構造モデラーデータとの差分を表示

構造モデラーデータとRevitデータの差分を表示します。


構造モデラ―データ変換条件

Revitデータと構造モデラ―データの変換条件を指定します。


構造モデラーマッピングテーブル編集

+Revit Op.で使用するファミリとの互換性を設定するテーブルファイルの編集ができます。

>構造モデラーマッピングテーブル編集


構造モデラ―マッピングテーブルからパラメータを生成

マッピングテーブルから不足しているパラメータをファミリに追加することができます。


ヘルプの起動

+Revit Op.のヘルプを起動することができます。




+Revit Op.ならではのメリット

データを共有
Revitとのデータ連携の多くは、BIM標準フォーマット(IFC、ST-Bridgeなど)ファイルを介して一貫構造計算ソフトウェアからRevitへの一方通行リンクですが、+Revit Op.ではRevitプロジェクト(RVT形式ファイル)を共有することで双方向のリンクを可能にしています。
構造計算の再計算が可能
Revitプロジェクト(RVT形式ファイル)に構造計算に必要な荷重、計算条件を解析用データとして保存できます。
Revitプロジェクトを保存しておけば、+NBUS7により構造計算の再計算をいつでも行うことができます。
データ整合性確認の時間短縮
Revitプロジェクト(RVT形式ファイル)を共有しているので、一貫構造計算ソフトウェアの計算書とRevitデータ(図面)の整合性確認に必要な時間を短縮することができます。
Revitモデル、構造モデラ―のGUIDを関連付け
レベル、通り心、インスタンス(部材の配置)については、RevitプロジェクトのGUIDと構造モデラ―のGUIDを関連付けし、変換対象の部材(オブジェクト)を明確にすることで、軸や層の追加・削除時でもRevitモデルへの差分変更が可能になります。


+Revit Op.の適用範囲


適用範囲

X、Y方向の最大スパン数:99スパン
最大階数:99階
構造種別:RC造、S造(CFT柱含む)、SRC造建物


建物形状の変更機能

RC造 S造 CFT造 SRC造
節点移動
はりレベル
片持ばりレベル
はりレベル打ち増し寸法
柱断面主軸の回転
基礎柱断面主軸の回転
柱の寄り
基礎柱の寄り
はりの寄り
片持ばりの寄り
壁の寄り
ブレースの寄り
  • ○:対応 △:Revit側の設定を保持
  • ※任意軸の設定は適用外です。


構造モデラー 荷重データ、計算条件データ

  • すべて対応


部材形状

RC造 S造 CFT造 SRC造
はり 矩形 H形鋼 矩形H形鋼
小ばり 矩形 H形鋼
みぞ形鋼
角形鋼管
箱形
軽量角形鋼管
軽量C形鋼
矩形
円形
H形鋼
角形鋼管
円形鋼管
角形鋼管
円形鋼管
矩形H形鋼
矩形十字形
矩形T字形
矩形角形鋼管
(充填被覆・被覆)
矩形鋼管
(充填被覆・被覆)
円形H形鋼
円形十字形
円形鋼管
(充填被覆・被覆)
※1 耐震壁
雑壁
そで壁
壁開口 開口(矩形)
スリット開口
片持ばり 矩形 H形鋼
片持スラブ 片持床
出隅床
片持床
出隅床
ブレース※2 丸鋼
平鋼
山形鋼
円形鋼管
みぞ形鋼
H形鋼
角形鋼管
軽量角形鋼管
軽量C形鋼

※1 その他の壁は、Revitデータに格納することで、再度構造モデラ―に変換する際は復元します。

※2 適用可能なブレース形状:片ブレース、X形、K形、V形、任意鉛直ブレース
上記以外の鉛直ブレース形状(方杖ブレース、マンサード等)、断面性能直接入力のブレース、水平ブレースは、Revitデータに格納することで、再度構造モデラ―に変換する際には復元します。


ベースプレート、基礎

RC造 S造 CFT造 SRC造
ベースプレート
独立基礎
杭基礎

※メーカー既製品のベースプレートは、Revitデータに格納することで、再度構造モデラ―に変換する際には復元します。

※杭基礎のフーチングはデータ変換対象です。杭は、Revitデータに格納することで、再度構造モデラ―に変換する際には復元します。



動作環境・価格

動作環境

対応OS 64bit Windows 10※1/8.1※2
メモリ 8GB以上(推奨:16GB以上)
ディスク空き容量 2GB以上の空き領域
ディスプレイ 1280×768
グラフィック OpenGLの機能をサポートできるビデオカードとドライバー
ライセンス認証 ネット認証※3
インターネット接続 ネット認証 時はインターネット接続が必要※4
必要なソフトウェア +NBUS7、Autodesk Revit※5 ※6
その他 CD-ROMドライブ
  • Windows 10 Mobile / Windows 10 Sは除きます。
  • Windows RTは除きます。
  • ネット認証は仮想化環境では利用できません。
  • インターネット接続できない場合は、販売店または営業までお問い合わせください。
  • 対応バージョンは、2021、2022です。(2022/5 現在)
  • 動作環境はオートデスク社ホームページをご参照ください。

・32bit Windowsでは動作しません。



価格

+Revit Op.

新規購入 550,000円 (税込)
+NBUS7と+Revit Op.のセット購入 1,980,000円 (税込)
+NBUS7 低層版と+Revit Op.のセット購入 1,386,000円 (税込)

  • 本製品をご使用いただくには、確認申請用プログラム利用者の会(+Revit Op.)への加入が必要となります。
  • ※確認申請用プログラム利用者の会(+Revit Op.)は年会費66,000円(税込)が別途必要です。
  • +NBUS7とのセット購入でご使用いただくには、確認申請用プログラム利用者の会への加入も必要となります。
  • ※確認申請用プログラム利用者の会は年会費132,000円(税込)が別途必要です。
  • 詳細は営業までお問い合わせください。


※「+Revit Op.」は、株式会社構造システムの著作物であり、著作権およびその他の権利は株式会社構造システムに帰属します。

※「Revit」は、オートデスク株式会社の登録商標または商標です。



製品利用事例
お問い合せ
お問い合せ
フォームでのお問い合せはこちら

購入を考えているので詳しく知りたい

製品をもっと活用する方法を知りたい

製品サポート専用窓口が知りたい

オンライン販売・レンタル

製品購入・利用

体験コーナー




トップページ  >  製品案内  >  +NBUS7  >  +Revit Op. 製品紹介