構造システムは、建築構造計算および各種構造計算用ソフトウェア(一貫構造計算、耐震診断計算、耐震補強、応力解析、振動解析など)のプログラム開発と販売を行っています。
トップページ  >  製品案内  >  +基礎  >  製品紹介
基礎フーチング・スラブの構造計算 構造モデラー+基礎


自在な形状から構造モデルを自動生成

「構造モデラー+基礎」は、構造躯体を入力する構造設計プラットフォーム「構造モデラー」上で、建物上部構造の計算・結果出力を行う一貫構造計算ソフトウェア「+NBUS7」と連動する、基礎の計算・結果出力を行うソフトウェアです。

基礎の設計業務効率化を加速する

スマートでスムーズな新しい基礎構造計算システム

「構造モデラー+NBUS7」で入力、計算した建物データに連動して基礎フーチング、スラブの構造計算を行います。

処理は一連で行われ、わずかな項目を設定するだけで、上部建物の計算結果から必要な基礎寸法形状を作成します。

同時に必要鉄筋量を算出し、自動生成された基礎形状は伏図、フレーム図で確認できます。また一貫構造計算書に基礎に関する項目と計算内容が記載されるなど更に設計業務の効率化を支援します。

今後は今回未実装の杭・地盤に関する項目や、2019年改訂の一般社団法人日本建築学会「建築基礎構造設計指針」への準拠を含む改良など、従来製品を超える機能拡張を予定しています。


よくあるご質問はこちらから


直感的な入力を支援するインターフェース

構造設計に必要な建物形状をわかりやすく入力するための多彩なインターフェースを備えた「構造モデラー」により、基礎構造部の設計をスマートかつスムーズに支援します。


構造モデラー+基礎 メインウインドウ


扱う基礎形式・基礎形状

独立基礎、布基礎、べた基礎、杭基礎を扱います。杭基礎の杭は9本まで配置できます。


配置

同一種類の基礎配置または異種基礎の配置もでき、部分地下を有する場合は層ごとの基礎配置ができます。


基礎配置
扱う基礎の形状

その他

形状では布基礎やべた基礎の外周部への出、杭の座標の入力ができます。計算では偏心、杭の施工誤差の考慮等ができます。


1本杭 2本杭 3本杭
4本杭 5本杭 7本杭 9本杭

杭配置の例



自動生成・自動算定

基礎形式が直接基礎であれば地盤支持力を、杭基礎であれば杭支持力と杭本数を入力すれば、支点位置に生じる応力に対して必要となる直接基礎、杭基礎の形状から配筋までをボタン一つで自動作成し、基礎部の設計をスマートに支援します。


自動生成・自動算定


計算

基礎に作用する荷重、応力に対して、基礎フーチングおよび基礎スラブの計算をマルチスレッド処理で高速に行います。


地盤支持力計算

支持地盤の特性と基礎形状を入力することにより、地盤の許容支持力度を計算します。


地盤支持力計算

接地圧の検討

直接基礎に作用する応力から接地圧を計算し、地盤の許容支持力度以下であることを確認します。


高速計算処理

マルチスレッド処理により、高速で計算結果を求められます。


高速計算処理

杭軸力の検討

杭基礎に作用する応力から杭軸力を計算し、杭の許容支持力以下、引抜き抵抗力以下であることを確認します。


断面計算

地反力または杭反力に対する配筋、基礎せいの検討を行います。
曲げモーメント、せん断力、パンチングシア、付着長さについて計算します。算定計算と検定計算があります。





杭計算用データの転送(エクスポート・インポート)

「構造モデラー+NBUS7」によって計算した上部構造の計算結果をエクスポートできます。
また、杭メーカーが計算した杭本数や杭頭曲げモーメントなどの計算結果をインポートできます。
さらに、インポートデータから基礎伏図上に、杭基礎の自動配置(自動生成)も可能なため、設計者と杭関連業者間のデータをスムーズに連携します。 協賛企業を募集中です。

杭計算用データの転送

出力

計算を実行すると、「構造モデラー」の計算結果ビューアー「NOUT」が起動し、計算結果、検定比図等を確認できます。また、以前に計算した結果の表示や比較ができます。


計算書出力

基礎部分の計算書は、「構造モデラー+NBUS7」の構造計算書、入力データ書に追加する形式で出力します。
上部構造の計算結果書と基礎構造の計算結果書を1冊に出力でき、設計資料作成の手間が省けます。


計算書出力

構造計算書

平成19年の改正建築基準法による大臣認定プログラムに準じた様式で、構造計算書「§12基礎・地盤」の項に基礎部材の検定比図や結果帳票を出力します。


構造計算書

入力データ書

入力した基礎形状、計算条件などを入力データ書として出力します。






プログラム関連図

プログラム関連図 +NBUS7


準拠基準

建築基準法、同施行令などの建築構造に関する法令や、建設省・国土交通省告示および技術的助言、下記の基準類に基づいています。


法令に準じる基準等解説書

国土交通省国土技術政策総合研究所、国立研究開発法人 建築研究所監修

  • 2020年版 建築物の構造関係技術基準解説書


その他の基準類

一般財団法人 日本建築学会

  • 建築基礎構造設計指針 2019年
  • 鉄筋コンクリート構造計算規準・同解説 2018年
  • 鉄筋コンクリート基礎構造部材の耐震設計指針(案)・同解説 2017年





安心のサポート

ホームページ

製品をよりよく知っていただくために、ホームページにはサポートセンター、利用事例などのコンテンツを用意しています。
ホームページ : https://www.kozo.co.jp/

  • 「オンラインサポートセンター」でもQ&A形式による情報を提供しています。
  • 製品利用事例では、導入経緯や製品を利用した事例を紹介しています。
  • お客様の声では、便利と感じておられる使い方などが紹介されています。
  • 製品操作ムービーでは、製品の特徴や機能を操作手順に沿った動画で説明しています。
  • トピックスでは、旬な情報や当社ソフトウェアの対応状況などを提供しています。
  • 講習会・スクール情報では、当社主催のイベントのほかに、他団体の講習会情報も提供しています。


さまざまな利用方法

利用する環境にあわせて2種類のライセンス認証方式が選択できます。

① 「ネット認証版」
② 「ネットワーク版」
インターネットを経由するライセンス認証で場所を選ばずに利用できます。
利用者数を管理し、社内LAN経由で契約本数分が利用できます。




※「構造モデラー」、「+NBUS7」および「+基礎」は、株式会社構造システムの著作物であり、著作権およびその他の権利は
株式会社構造システムに帰属します。



製品利用事例
お問い合せ
お問い合せ
フォームでのお問い合せはこちら

購入を考えているので詳しく知りたい

製品をもっと活用する方法を知りたい

製品サポート専用窓口が知りたい

オンライン販売・レンタル

製品購入・利用

体験コーナー




トップページ  >  製品案内  >  +基礎  >  製品紹介