構造システムは、建築構造計算および各種構造計算用ソフトウェア(一貫構造計算、耐震診断計算、耐震補強、応力解析、振動解析など)のプログラム開発と販売を行っています。
 >  >  > 

木造集成材等建築物の一貫構造計算

WOOD-ST



簡単入力でラーメン架構やスキップフロアを含む木造建物を一貫構造計算



WOOD-STは、建築基準法施行令第46条第2項第1号によりルート2までの3階建て以下の木造建物の構造計算を行う一貫構造計算ソフトです。製材または集成材を用いた大断面のラーメン架構や壁とブレースが混在する建物を形状通りモデル化し計算を行います。また、階の途中に中間階を設けることでスキップフロアの入力が可能なほか、平面的に傾斜したはり、壁の配置が可能なので、比較的不整形な形状も扱えます。
建物形状の入力は軸組図、3Dモデルで確認しながら伏図上で簡単に効率良く行えます。また、荷重計算、モデル化、応力計算から断面、接合金物の検定計算、偏心率・剛性率計算までを一貫して計算でき、計算結果は図または表を用いた見やすい構造計算書として出力できます。



入力・表示・操作

プログラムウインドウ



クイックアクセスツールバー

全体表示、計算実行などを素早く実行できます。また、よく使うコマンドの登録も可能です。


リボンメニュー

リボンメニュー アイコンにマウスを近づけるとツールチップが表示され、コマンドの機能を確認できます。
メニューごとに表示色が設定され、配置も入力順となっていますので、計算までの入力を迷わず行えます。


部材入力

部材入力
対象部をクリックして詳細情報を表示
部材は伏図入力と同時に軸組図や3Dモデルサブウインドウに表示されるので、位置関係を容易に確認できます。 また、作業ウインドウの伏図、軸組図、3Dモデルサブウインドウのいずれかで画面上の部材を選択すると、選択部材の属性が表示され、設定確認や変更、修正作業が簡単に行なえます。



見付表示・範囲の入力

見付表示・範囲の入力
見付面積も正確かつ簡単に入力・計算
風圧力を計算するための見付面積とその範囲は、シルエット表示される建物形状を見ながら補助線を加筆して、CADライクに入力することで正確な見付面積の計算ができます。


屋根形状入力

屋根形状入力
荷重計算には屋根勾配が考慮可能
屋根形状は解析モデルに考慮しませんが、荷重としてそれを受ける部材、節点に考慮されます。荷重計算には屋根勾配が考慮できます。


メッセージの関連箇所の表示機能

メッセージの関連箇所の表示機能 計算中に発生した問題は準備計算結果ウインドウに一覧で表示されます。NG箇所などのエラーやワーニングメッセージについての注釈が表示されます。 メッセージをクリックすると伏図上に該当箇所を示すマーカーが表示され、エラー発生位置の確認が簡単に行えます。


計算・出力

建物形状

扱える平面形状
扱える平面形状
平面形状
X、Y各方向とも最大150軸までグリッドを作成できます。部材は、グリッドまたは軸上に配置できるほか、X、Y軸の交点間を結ぶ斜め線上へ配置することもできます。

扱える立面形状
扱える立面形状
立面形状
3階建て以下の基礎、基礎立ち上がりを含まない木造集成材等建築物を扱います。層で明確に区分された立面的な混構造建物の木造部分の計算も可能です。中間階を配置することで、スキップフロアのある建物の形状入力、計算が可能です。


部材

はり、柱、耐力壁(面材、木ブレース、鉄骨ブレース)、床(面材、鉄骨ブレース)は、構造要素として解析モデルに考慮します。 はり、柱、木ブレース耐力壁の端部には、端部接合部を配置できます。
ブレースは、X形、右上がり形、右下がり形、K形、引張X形、引張右上がり形、引張右下がり形を扱います。また、方杖は、両側または左右片側のみを扱います。

ブレース

土台、間仕切り壁、床、小ばり、床組、屋根、小屋ばり、妻壁は、荷重または荷重を伝達する部材として入力できます。



部材材質、接合金物

部材材質や端部接合部の接合金物は、付属するデータベース(k-DB)を参照しながら効率的に入力できます。下表に示す登録済みの物のほか、ユーザー登録した物を使用することもできます。

登録済みの材料、接合金物
木材 平成13年国交告第1024号に基づく構造用集成材または構造用製材
鉄骨ブレース SS400、SS490、SM400、SM490、SM520、SN400、SN490、SUS304A、SUS316A、SUS304N2A
接合金物 BXカネシン株式会社 プレセッターSU、株式会社タツミTEC-ONE

荷重計算

入力された建物形状、荷重と計算条件に基づき、常時荷重、積雪荷重、風圧力、地震力を自動計算します。


モデル化・応力計算

地震荷重時応力図出力例
地震荷重時応力図出力例
意匠階高と標準はりせいの入力により、自動的に構造階高を計算し、節点を生成します。 部材剛性は、断面と材質から自動計算します。 部材端には剛域を設けることができます。また、端部接合部の入力により、ピン接合または半剛接合バネを考慮します。 面材は、せん断剛性が等価なブレースに置換します。 水平構面は、剛床または非剛床を選択できます。非剛床の場合は、面材床または鉄骨ブレース床の剛性を考慮します。 立体応力解析により不整形な建物でも正確に解析できます。 K形ブレース、方杖は、取り付く部材に中間節点を自動的に設けて形状通りに解析します。また、引張形ブレースは圧縮力が作用した場合、解除のための反復計算を行います。



断面計算

木質構造設計規準に基づく断面計算を行います。切欠きまたは低減係数による断面欠損や、座屈による許容応力度の低減を考慮します。 燃えしろ設計が必要な部材は、昭和62年建告1902号の規定に基づく検定計算が行えます。燃えしろを除いた残りの断面に生じる長期応力度と短期許容応力度を比較します。 端部接合部に接合金物が配置された部材は、存在応力と耐力の比較による検定計算を行います。この時、指定により、軸+曲げ、軸+せん断、曲げ+せん断、軸+曲げ+せん断の複合応力に対して検定することもできます。 断面計算でOKとする検定比を指定することができるので、余裕を持った断面検討が行えます。


偏心率・剛性率・層間変形角の計算

中間階を考慮した偏心率・剛性率の計算を行い、建物の剛性バランスの確認を行います。層間変形角は、層の床面高さ間距離を用いて各層の柱ごとに計算し、最大値を求めます。


構造計算書

柱詳細表、重心図出力例
柱詳細表、重心図出力例
伏図、見付面積図出力例
伏図、見付面積図出力例
部材の入力と計算結果を、表と図(伏図、軸組図、荷重負担範囲図、モデル化図、応力図、検定比図等)で、構造計算書として出力します。計算結果のプレビュー上で、表はCSVファイルに、図はメタファイルに変換でき、文書や表計算ソフトウェアなどに転送して活用可能です。


データリンク

データリンク

① CADファイルを下図として読み込むことができます。伏図入力、屋根入力、風圧力の見付面積入力で利用できます。スパンと通り心名称をCAD図面から読み込んで自動設定できます。

② 配置データや3DモデルをCADファイルとして出力することができます。

③ HOUSE-ST1の建物形状を読み込むことができます。在来軸組工法から集成材等建築物への設計変更も簡単に行えます。

④ 建物形状(部材断面・材質)と解析モデル(節点・部材剛性・荷重)を、SNAPのテキスト形式データに出力します。SNAPで詳細な検討を行うことができるほか、弾塑性モデルを入力することにより、保有水平耐力の確認が行えます。

⑤ 支点位置と支点反力を、BUS-6のテキスト形式データに出力します。BUS-基礎で基礎を入力することにより、基礎の検討が行えます。

※ 対応形式:mps,mpz,mpx,mpw,mpp,dwg,dxf,jwc,jww
3Dモデルは、mpw,mpp,jwc,jwwで保存できません。


建物形状と解析モデルをSNAP出力
建物形状と解析モデルをSNAP出力
配置データや3DモデルをCADファイル出力
配置データや3DモデルをCADファイル出力


※「WOOD-ST」は、株式会社構造システムの著作物であり、著作権およびその他の権利は株式会社構造システムに帰属します。





お問い合せ
お問い合せ
フォームでのお問い合せはこちら

購入を考えているので詳しく知りたい

製品をもっと活用する方法を知りたい

製品サポート専用窓口が知りたい

オンライン販売・レンタル

製品購入・利用





 >  >  >