トップページ>製品案内>HOUSE-DOC 製品紹介 カタログ請求ご注文方法・お問い合わせ

木造住宅の耐震診断・耐震補強計算

HOUSE-DOC


最新の耐震診断方法に対応した信頼できるソフトで、
安心・安全な補強計画を提案

「2012年改訂版 木造住宅の耐震診断と補強方法」に準拠
一般財団法人 日本建築防災協会 木造住宅耐震診断プログラム評価[P評価10-改1-W]

イメージ HOUSE-DOCは、木造住宅の耐震診断と補強計画を行うソフトです。
在来軸組構法に加えて枠組壁工法、伝統的構法の木造住宅を一般診断法、精密診断法1で計算することができます。これは、長期優良住宅化リフォーム推進事業の耐震性にも用いられます。
また、木造3階建て以下のほかに、最下階RC/S造となる立面混構造の木造部分の計算が行えます。

直観的な操作で安心・安全の検討を 補強設計を支援 柱頭柱脚金物算定(N値計算)

直観的な操作で安心・安全の検討を

クイックアクセスツールバー

ツールバーカスタマイズ
ツールバーカスタマイズ
常に左上に表示されますので、全体表示や新規作成、保存などをすばやく実行することができます。
また、よく使うコマンドを登録することもできます。

リボンメニュー

コマンドツールチップ
コマンドツールチップ
作業に必要なコマンドをすばやく見つけることができます。
アイコンにマウスを近づけるとコマンドのツールチップが表示され、機能を確認することができます。

ファイルプレビュー

ファイルを開く前に3Dモデルで内容を確認できますので、簡単に目的のファイルを探せます。
ファイルがどこに保存されているかわからない場合でも、最近使用したファイル一覧で保存されている場所を確認できます。

サブウィンドウ

属性表示や3D表示は、必要なときだけ表示することができます。
画面から切り離して自由にサイズを変更することや、好きな場所に配置することもできますので、画面を自由に使用できます。

CAD図面下図機能

CAD図面の読み込み CAD図面を下図として利用できます。
スパン長と通り心名称をCAD図面から読み込んで自動設定しますので、入力作業を省力化できます。

対応CADファイル形式
DRA-CAD形式 mps、mpz、mpx、mpw、mpp
AutoCAD形式 dwg、dxf
Jw_cad形式 jwc、jww
SXF形式 sfc、p21

スパンの設定

各スパン長は1ミリ単位で設定できます。
補助線を活用して、半端な長さの壁の配置も簡単に行えます。
軸名は1,2,3…、X1,X2,X3…、い,ろ,は…などの指定した記号で簡単に初期化できます。

スパンピッチ設定

使用壁工法リストの表示

使用壁工法リスト 配置されている壁工法の一覧を表示することができます。入力と同時に使用壁工法リストが更新されますので、入力ミスの防止や配置の確認を行うことができます。

測定コマンド

指定した点の座標、2点間の距離、複雑な形状の面積を瞬時に計算して表示します。

面積測定

壁チェックコマンド

同じ仕様の壁だけを見やすく表示します。
入力データの確認に威力を発揮します。

壁チェックコマンド

重心と剛心

建物の重心と剛心は平面図上に表示され、補強の検討に役立ちます。偏心率による低減係数が1.0になる範囲を図示します。

ポップアップヘルプ

ポップアップヘルプ ポップアップヘルプ マウスを近づけるとポップアップヘルプアイコンが表示される項目では入力する項目の説明が用意されています。
右クリックすると、入力に関する説明と数値などがどのように利用されるかが示されます。

写真管理機能

写真管理機能 現状を示す写真のデータは撮影場所を示す矢印や入力したコメントが図面に配置できます。
配置した写真は入力データに保存されますので、データ管理が簡単です。

このページの上へ

補強設計を支援

現状建物の耐震診断計算後、必要に応じて補強設計を行う場合に便利な機能が用意されています。

壁で補強

現状配置されている壁を強いものに変える、または今ある壁に追加して新しく壁を配置するなどの方法で建物の評点を高めます。
どこの壁を強くするともっとも評点が上がるかを分析できますので、効率よく補強できます。
壁工法は登録されている工法の他、追加登録することもできますので新しい技術や工法に簡単に対応できます。

補強壁位置分析結果

接合部で補強

柱頭柱脚接合部を強いものに変えることで評点を高めます。
全体の接合部の補強効果を把握するにはレーダーチャート、個々の壁に関しては金物伏図が参考となります。

金物伏図

基礎で補強

RC基礎の抱き合わせ
RC基礎の抱き合わせ
無筋コンクリート基礎や鉄筋コンクリート基礎でひび割れが生じている場合は、増し打ちなど健全な鉄筋コンクリートにすることで評点を高めます。
壁単位で基礎の影響を考慮できますので、部分的な基礎の補強に対応できます。

補強案複写機能

現状の各階のデータを補強案にコピーできます。
コピーしたデータの一部を補強のために変更したり、壁を追加配置したりして補強案が簡単に作れます。
現状のデータだけでなく補強案同士のコピーもできますので、予算に応じた複数の補強案提案にも便利です。
各補強案で変更・追加されたデータは色が変わりますので、補強箇所が一目瞭然です。

補強案

補強設計の参考資料データ

レーダーチャート
レーダーチャート
現状に対してすべての「基礎」「柱頭柱脚接合部」を最大に補強した場合、バランス良く壁を配置した場合、劣化箇所を補修した場合、軽い建物とした場合などに評点がどのようになるかを示したレーダーチャートを表示します。
補強設計の方針を考える場合の参考となります。

目的に応じた耐震診断方法に対応

補強の要否に関するスクリーニングを主目的とした「一般診断法」と接合や部材の劣化状態など、詳しく調査して診断や補強を行う「精密診断法1」の2つの方法に対応した機能を備えています。

対象建物と計算方法
対象建物 平屋から3階建までの木造住宅
1階がRC造またはS造で2階以上が木造住宅の木造部分
対象構・工法 在来軸組構法、枠組壁工法、伝統的構法
計算方法 一般診断法、精密診断法1
その他の耐震要素
(一般診断法)
在来軸組構法、枠組壁工法では開口壁の長さによる「有開口壁長」と、「無開口壁率」のいずれかを選択
伝統的構法では垂れ壁付き独立柱、垂れ壁・腰壁付き独立柱から求める
必要耐力計算方法 一般診断法では総2階として求める「簡易」と各階の床面積比を考慮して求める「詳細」のいずれかを選択
精密診断法1では各階の床面積比を考慮して求める
耐力要素の配置等による低減係数 一般診断法では両側1/4範囲内の充足率の組み合わせから算出する「4分割法」と壁・柱の配置により偏心率を算出する「偏心率法」のいずれかを選択

このページの上へ

別売オプション機能

柱頭柱脚金物算定(N値計算)

N値計算
30,000円(税抜)
さらに補強設計を支援

簡易的に引張力を求めて仕口の金物を選定する方法として「N値計算」を用意しています。
出隅の柱を指定するだけで耐震診断計算と同時にN値を求め、仕口に必要な接合金物を見やすい表と平面図に出力します。

※HOUSE-DOC Ver.4が必要です。

※壁工法・柱接合部にカネシン製品のマスタをインストール可能となりました。
カネシン製品のマスタについては、カネシンホームページをご確認ください。
http://www.kaneshin.co.jp/

このページの上へ

※「HOUSE-DOC」は、株式会社構造システムの著作物であり、著作権およびその他の権利は株式会社構造システムに帰属します。


新規購入・バージョンアップが通常価格の10%OFF!
HOUSE-DOC Ver.4 新発売キャンペーン
2016年7月1日から2016年12月31日まで