トップページ>製品案内>HOUSE-DOC 2012年改訂版 対応一覧 カタログ請求ご注文方法・お問い合わせ

木造住宅の耐震診断・耐震補強計算

HOUSE-DOC 2012年改訂版 対応一覧


「2012年改訂版 木造住宅の耐震診断と補強方法」の主な改訂点は、以下の通りです。
(一般財団法人 日本建築防災協会の講習会案内による)

@各診断法における必要な調査内容の明記

A一般診断法の方法1における「その他の耐震要素の耐力」の見直し

B実験結果に基づく耐力要素のデータの充実と見直し

C低減係数の見直しと不連続による不具合の解消

D精密診断法2の保有水平耐力計算による方法等の適用範囲に学校、幼稚園等非住宅を追加

E耐震診断の実務の参考となるよう解説をさらに充実し、記号・用語を統一



木造住宅の耐震診断・補強ソフト「HOUSE-DOC」は、一般財団法人 日本建築防災協会発行「2012年改訂版 木造住宅の耐震診断と補強方法」の一般診断法、精密診断法1に、下記のように対応しています。

用語の統一・変更(Eの内容)

診断方法 2012年改訂版での変更内容 HOUSE-DOCでの対応
一般診断法
精密診断法1

・記号、用語の統一

対応しています


壁基準耐力(Bの内容)

診断方法 2012年改訂版での変更内容 HOUSE-DOCでの対応
一般診断法

・工法の追加と削除

・壁基準耐力の数値の一部変更

・天井までしかない土塗りや面材壁の性能を評価

・壁仕様が不明な場合の壁基準耐力を2.0(kN/m)に変更

・壁基準耐力の上限を10.0(kN/m)に変更

対応しています

精密診断法1

・工法の追加と削除

・壁基準耐力と壁基準剛性の数値の一部変更

・補強設計に新たに付加する部材として用いることのできない“診断専用”の工法を指定

・床や天井までしかない土塗りや面材壁の耐力を評価する修正式を記載

・筋かいの壁内法高さと柱間隔の比が3.5を超える場合、耐力と剛性に乗じる「筋かい高さによる低減係数」を追加

対応しています


柱接合部による低減係数(Cの内容)

診断方法 2012年改訂版での変更内容 HOUSE-DOCでの対応
一般診断法
精密診断法1

・壁基準耐力と柱接合部および基礎の仕様により低減係数を求める表の一部変更(壁基準耐力の中間値の低減係数は直線補間により連続的になるように変更)

・多雪区域用の表を追加

・基礎の仕様で、軽微なひび割れのある無筋コンクリート造の基礎を基礎U、ひび割れのある無筋コンクリート造の基礎を基礎V、柱脚に足固めを設け鉄筋コンクリート底盤に柱脚または足固め等を緊結した玉石基礎を基礎Uに追加

対応しています


斜め壁の評価

診断方法 2012年改訂版での変更内容 HOUSE-DOCでの対応
一般診断法

・斜め壁でθ=0〜45°までの範囲の評価式を解説に記載

対応しています


有開口壁の評価(ABCの内容)

診断方法 2012年改訂版での変更内容 HOUSE-DOCでの対応
一般診断法

・方法1:「その他の耐震要素の耐力」として必要耐力の25%と計算していたものを、有開口壁長による算定(開口の種別と壁長さから求める方法)、または無開口壁率による算定(外壁面の無開口壁率から求める方法)に変更

・方法2:柱の小径120mm以上(以前は150mm以上)を評価するように変更

・方法2:垂れ壁・腰壁付き独立柱の耐力を評価するように変更

対応しています
方法1では、「有開口壁長による算定」、「無開口壁率による算定」を選択できます

精密診断法1

・方法1:開口低減係数を柱間距離から連続的な値を算出するように変更

・方法2:垂れ壁・腰壁付き独立柱の耐力を評価するように変更

対応しています


耐力要素の配置などによる低減係(Cの内容)

診断方法 2012年改訂版での変更内容 HOUSE-DOCでの対応
一般診断法

・4分割法による場合、式から計算し連続的な値になるように変更(従来の充足率から表を用いて求める方法も記載)

・方法1の場合、有開口壁の耐力を評価しない

・偏心率による低減係数の表の変更(低減係数は精密診断法1と同じ連続的な値を算出するように変更)

対応しています
ただし、充足率から表を用いて求める方法には対応していません


偏心率と床の仕様による低減

診断方法 2012年改訂版での変更内容 HOUSE-DOCでの対応
精密診断法1

・偏心率0.3以上0.6未満の床の仕様による低減係数の変更

・床倍率の表に水平構面の仕様を2種類追加

対応しています


劣化度による低減係数

診断方法 2012年改訂版での変更内容 HOUSE-DOCでの対応
一般診断法

・補強前の診断で劣化度による低減係数が0.9未満の場合、補強後の低減係数の上限を0.9と記載

対応しています


多雪区域の評点

診断方法 2012年改訂版での変更内容 HOUSE-DOCでの対応
一般診断法
精密診断法1

・多雪区域において、無積雪時の評点と積雪時の評点の両者を求め、低い方の評点を当該建物の評点とすることを記載

多雪区域の指定により両方を計算し、低い方の評価を出力します


基礎の部分補強(Eの内容)

診断方法 2012年改訂版での変更内容 HOUSE-DOCでの対応
一般診断法
精密診断法1

・部分的に基礎の補強を行う場合の条件を解説に追加

壁単位で基礎仕様と健全度を入力することで対応します


適応範囲(Dの内容)

診断方法 2012年改訂版での変更内容 HOUSE-DOCでの対応
精密診断法2

・精密診断法2の保有水平耐力計算による方法を非住宅に適用可能な診断法と位置づけ

精密診断法2には対応していません


このページの上へ