トップページ>製品案内>HOUSE-DOC 操作ムービー カタログ請求ご注文方法・お問い合わせ

木造住宅の耐震診断・耐震補強計算

HOUSE-DOC 操作ムービー


入力から出力までの操作を動画で紹介します。
入力手順は、あらかじめ建物概要を入力した状態から始めます。

 :診断を行う上で必要ありませんが、平面図や3D表示で表現したい場合には入力を行います。

CAD図面の読み込み

CAD図面の読み込み
CAD図面の読み込み
 
CAD図面を下図として利用することができます。
スパン長と通り心名称をCAD図面からワンクリックで読み込み、自動設定できますので、入力作業を大幅に省力化することができます。


対応CADファイル形式
DRA-CAD形式 mps、mpz、mpx、mpw、mpp
AutoCAD形式 dwg、dxf
Jw_cad形式 jww、jwc
SXF形式 sfc、p21

部材の入力

画面に表示された平面のグリッド上に部材を配置します。
平面図上で配置した部材は瞬時に3Dに反映され、部材の位置関係を容易に確認できます。


部材がすでに配置されている場合には、その情報を参照できます。
配置後も属性は変更でき、データの変更が容易です。


柱のデータは、伝統的構法以外の場合、診断を行う上では必要ありません。
基礎やはりのデータも診断を行う上で必要ありませんが、平面図や3D表示で表現したい場合には入力を行います。

意匠屋根の入力

意匠屋根
意匠屋根
 
耐震診断・補強では屋根の形状は計算結果に影響しませんが、3D表示などで表現したい場合には入力を行うことができます。
複雑な形状の屋根でもCADのように、簡単に入力できます。

文字・写真の入力

文字・写真
文字・写真
 
文字や矢印線、写真などを自由な位置に配置したり、移動したりできます。
平面図上に配置した写真や図は、入力したコメントと共に計算結果に出力されます。
また、配置した写真などは、計算データと同じファイルに保存されますのでデータ管理に気を遣う必要がありません。

計算・結果の確認

計算・結果の確認
計算・結果の確認
入力が終了したら、計算を実行します。
入力データに誤りや注意事項がある場合はメッセージが表示されます。
メッセージをダブルクリックすると該当のデータが選択され、どの部材に対するメッセージかが容易に確認できます。

計算が終了したら、計算結果を表示します。
確認したい項目をクリックすると該当する
計算結果を表示できます。

このページの上へ