トップページ>製品案内>MED-3 製品紹介 カタログ請求ご注文方法・お問い合わせ

RC/SRC/S造および木造の断面計算

MED-3


複雑な形状や大規模な構造物の断面計算を強力に支援

イメージ MED-3は、建築実務で一般的に使用される諸基準に準拠して、RC/SRC/S造ならびに木造の断面計算を行うソフトです。

単独利用のほか、「FAP-3※1」の応力解析結果や「SNAPシリーズ※2」の応力解析結果・増分解析結果を利用して断面計算をすることもできます。

許容応力度設計に基づく断面計算から、S造はり部材の詳細な応力分布状態を想定した断面計算、RC造はり・柱部材の靱性保証型設計に基づく断面計算まで、複雑な形状や大規模な構造物の断面計算に対応できる機能を備えています。

※1: 任意形状立体フレームの弾性応力解析ソフト。
※2: 任意形状立体フレームの弾塑性解析ソフト。SNAPシリーズとは、SNAP、SNAP LE、SNAP-Sの各製品を示します。
入力・表示 計算 出力 準拠基準

入力・表示

マウス操作により、FAP-3やSNAPシリーズから転送したデータの確認や編集が、快適かつスピーディーに行えます。

モデルウィンドウ

モデル図全体を表示することや、フレーム別、層別に詳細表示することができます。

プロパティウィンドウ

プロパティウィンドウ モデルウィンドウと連動して、データの確認や編集が行えます。モデルウィンドウを見ながらより直感的に作業できます。

グリッドシートウィンドウ

表形式でのデータ入力、変更、修正作業が行えます。表計算ソフト(Microsoft Excelなど)のように行や列を指定して、データ入力と編集ができます。

ナビゲーションウィンドウ

モデル図全体が簡易表示され、モデルウィンドウで詳細表示されている位置を確認できます。また、ウィンドウ上でマウス操作して、モデル図を回転することもできます。

豊富な表示モード

応力表示
応力表示
モデル図に断面や応力を表示できます。断面計算位置や横補剛位置も重ねて表示できるので、設計用応力の確認が容易に行えます。
表示モードの組み合わせ機能によりワンクリックで表示内容を変更できます。また、表示モードの組み合わせはカスタマイズ可能なので、よく使う組み合わせを登録しておくことで、作業効率が向上します。

断面の鉄筋・鉄骨表示 断面ボリューム表示 表示モードの組み合わせ

このページの上へ

計算

断面計算に関する諸条件と荷重ケースを設定するだけで、スムーズに断面計算を行えます。

部材・断面・材質

部材

RC造 はり※1、柱、壁
SRC造 はり※1、柱、壁
S造 はり※1、柱※2、トラス、ブレース
木造 はり※3、柱※3、トラス、ブレース

※1:材軸方向にハンチを設定できます。
※2:柱脚にベースプレートを配置できます。
※3:集成材の場合、材軸方向の形状を通直材、変断面通直材、湾曲材から選択できます。

断面形状

材質

鉄筋 普通鉄筋 SD235、SD295、SD345、SD390、SD490、SR235、SR295
高強度
せん断補強筋
SBPD1275/1420(ウルボン)、UB785(ウルボン)、
KSS785(ストロングフープ、スミフープなど)、
SBPDN1275/1420(リバーボン1275)、KW785(リバーボン785)、
SHD685(UHYフープ)、MK785(エムケーフープ)、KH785(スーパーフープ)、
SPR785(パワーリング785)
鉄骨 炭素鋼 SS400、SS490、SM400、SM490、SM520、SN400、SN490、STKR400、STKR490、STK400、STK490、BCR295、BCP235、BCP325、BCP325T、P-385、HBL385、G385、G385T、NBCP325EX、NBCP440、SHC400、SHC490、HCK490、SHC275-EN、SHC355-EN、UBCR365
軽量形鋼 SSC400
ステンレス鋼 SUS304A、SUS316A、SUS304N2A
木造 平成13年国交告第1024号に基づく集成材、製材

※任意の製材を7層組み合わせて集成材を定義することもできます。

鋼材・材質・認定品露出柱脚・木造接合金物のデータベース

鋼材・鉄筋材質・鉄骨材質・木造材質・認定品露出柱脚・木造接合金物は、BUS-6/BUS-5やFAP-3、SNAPシリーズと共通のデータベースを参照して効率的に入力できます。
データベースはユーザー定義することもでき、ユーザー定義したデータベースは、FAP-3(鋼材のみ)やSNAPシリーズ(鋼材・鉄筋材質・鉄骨材質・木造材質のみ)で共用できます。

※RC/SRC/S造建物の一貫構造計算ソフト。

断面計算

許容応力度設計

−検定計算

存在応力度と許容応力度を比較し、安全性を確認します。

@ 2軸応力を考慮した断面計算  FAP-3 SNAP

はり(S造のみ)/柱部材では、2軸応力を考慮することができます。

A S造はり部材の詳細応力に対する断面計算  FAP-3

詳細応力で検討する場合の断面計算位置の例
詳細応力で検討する場合の断面計算位置の例
(10等分位置+荷重作用位置+継手位置)
S造はり部材の詳細応力に対して断面計算が行えます。プラント構造物のように複雑な荷重ケースの場合でも、実情に近い応力分布状態を想定した断面計算が行えます。10等分位置・ハンチ位置・継手位置と荷重作用位置を考慮した最大100箇所で計算します。ただし、結果は7区間に分けて出力します。

B 木造はり・柱部材の燃えしろ計算  FAP-3 SNAP

木造はり・柱部材は、昭和62年建告1902号の規定に基づく燃えしろ計算が行えます。燃えしろを除いた残りの断面に生じる長期応力度と短期許容応力度を比較します。

C 部材のひび割れを考慮した応力に対する断面計算  SNAP

部材のひび割れを考慮した応力に対して断面計算が行えます。

−算定計算  FAP-3 SNAP

存在応力度に対して次の項目を算定します。
はり・柱部材では、同一断面ごとに必要な鉄筋量や鉄骨を集計することもできます。

RC造 はり、柱 主筋、せん断補強筋
壁筋、開口補強筋
SRC造 はり、柱 主筋、せん断補強筋、鉄骨寸法
壁筋、開口補強筋
S造 はり、柱 鉄骨板厚
木造 はり、柱 断面せい

RC造はり・柱部材の靱性保証型設計  SNAP

RC造はり・柱部材の終局限界状態の応力・変形に対して靱性保証型耐震設計指針に準拠した断面検証が行えます。
曲げ降伏する部材の存在応力と付着強度に応じたせん断信頼強度を比較し、安全性を確認します。柱部材では、軸力に対する確認も行います。

FAP-3 :FAP-3と連動します。   SNAP :SNAPと連動します。

このページの上へ

出力

断面計算結果は、表と図で分かりやすく出力します。
要点の確認から詳細の把握まで、用途により選択できます。

多様な表形式出力

断面計算結果の出力形式は、要点をコンパクトにまとめた“通常出力”、長期・短期毎に計算過程が把握できる“詳細出力”、応力組み合わせ毎に計算過程が把握できる“応力組み合わせ毎の出力”から選択できます。
また、「判定がOKとなる部材とNGとなる部材」や「同一断面で検定比が最大となる部材とそれ以外の部材」に分類して、それぞれの出力形式と出力する断面計算位置の数を別々に指定できます。
断面計算結果の出力は、CSV形式のファイルに出力して、表計算ソフト(Microsoft Excelなど)で利用することもできます。

検定比図、算定図、余裕率図の出力

断面計算結果を検定比図(検定計算結果)、算定図(算定計算結果)、余裕率図(靱性保証型設計に基づく断面計算結果)として出力できます。
検定比図では、表示する検定比の最小値や、検定比の数値の大きさに応じた表示色を指定できるので、NGとなる部材やあと少しでNGとなる部材を一目で確認できます。
図上で詳細を確認したい部材を選択して、その断面計算結果を出力することもできます。

詳細出力(はり:7箇所で出力時) 通常出力(はり:3箇所で出力時) 検定比図

このページの上へ

準拠基準

国土交通省住宅局建築指導課他監修

一般社団法人 日本建築学会

一般社団法人 日本建築士事務所協会連合会

一般社団法人 新都市ハウジング協会

国土交通省 国土技術政策総合研究所

ステンレス建築構造設計基準作成委員会

一般財団法人 日本建築センター

このページの上へ


※「MED-3」は、株式会社構造システムの著作物であり、著作権およびその他の権利は株式会社構造システムに帰属します。