DRA-CAD18 plus
  • Last Updated 2020/11/26

DRA-CAD18 plus


「DRA-CAD18 plus」は「DRA-CAD18の機能強化版」として「DRA-CAD19」の機能を先取りした会員専用のDRA-CADです。




DRA-CAD18からの追加・変更点を以下にご紹介いたします。(2020/10/05)New!!


ファイル形式

追加機能 説明
新しいファイル形式
(DRA-CAD19形式のMPS/MPZ/MPXファイル)
印刷の設定に「図形範囲」を追加Add!!
スケープ文字で、番号が5桁以上のユニコードや異体字に対応Add!!

ファイル関連

追加機能 説明
DWG/DXF形式の読み込み 寸法線の注釈尺度に対応しました。Add!!
アクティブな注釈尺度に従った寸法線の位置と文字サイズを再現します。
PDF形式でファイル保存 レイヤ分けされたファイルを作成できるようになりました。
JWW形式で保存 レイアウト図面が表示されている場合は、レイアウトを保存するように変更しました。
元図面が表示されている場合は、変換の設定により、すべてのレイアウトも保存できるようになりました。 変換の設定ダイアログのレイアウトを変更しました。
(一般タブを先頭ページに変更、一般タブ内のレイアウトを変更)
名前を付けて保存 / 別名で保存 JWW/JWC/P21/SFC/MPW/MPP形式で保存する場合に、レイアウト図面が表示されていれば、レイアウトを保存するように変更しました。

●レイヤ分けされたPDFファイル

●レイアウト図面をJWW形式で保存


印刷関連

追加機能 説明
すべての図面を印刷 印刷の順番や用紙、印刷対象(元図面やレイアウト図面)などを設定できるように機能を追加しました。Add!!
印刷の設定 図形範囲で印刷できるように、出力スケールに「用紙範囲」に加えて「図形範囲」のチェックボックスを追加しました。Add!!

●すべての図面を印刷

●出力スケール「用紙範囲」
(DRA-CAD18の自動設定と同じ)

●出力スケール「図形範囲」
(新機能)


編集関連

追加機能 説明
ピンセット ストレッチ分割で、旧寸法線に対応しました。
(分割された片方の寸法属性は解除されます。)

●ストレッチ分割で、旧寸法線の作図例


文字関連

追加機能 説明
文字記入 ユニコード文字列をダイアログにペーストして入力できるようになりました。Add!!
(ユニコード番号を調べなくても、ブラウザなどで表示されている文字列をコピーするだけで簡単に入力できます。)
文字記入  エスケープ文字で、番号が5桁以上のユニコードや異体字に対応しました。Add!!
(異体字は、游明朝や游ゴシックなどの対応しているフォントでのみ表示できます。)

● ユニコード文字列をダイアログにペーストして入力

● エスケープ文字で、番号が5桁以上のユニコードや異体字に対応


図面関連

追加機能 説明
オーバーレイ管理/オーバーレイ挿入 DRA Viewerの注釈ファイル(拡張子anz)に対応しました。Add!!

操作関連

追加機能 説明
環境設定 右クリック操作に「ポップアップメニュー表示」設定を追加しました。
ポップアップメニューが表示されていない場合、右クリックするとポップアップメニューがマウスの近くに表示されます。
コマンドを実行したりメニューを選択すると、ポップアップメニューは非表示になります。
環境設定 操作タブに「処理失敗でビープ音鳴らさない」設定を追加しました。Add!!
右クリックの編集メニューでアイコン表示 右クリックの編集メニューにアイコンが表示されるようになりました。
環境移行 リボンメニューの設定も移行されるようになりました。
[環境設定]コマンドの[保存]タブの[DRA-CADが使用するファイルの場所]にあるファイルもコピーされるようになりました。
ファイルの図面へのドロップ DraXML(MPXL)ファイルが「開く」「展開して貼り付け」「オーバーレイ挿入」できるようになりました。

●右クリック操作に「ポップアップメニュー表示」とした場合

● 右クリックの編集メニューでアイコン表示

●DraXML(MPXL)ファイルを図面上にドロップ


三次元関連

追加機能 説明
SKP読み込み SketchUp 2020形式に対応しました。
SKPで保存 SketchUp 2020形式に対応しました。


会員専用プログラムのページへ