構造システム・グループ
情報システム・プログラム・コンテンツの開発を通して、建築産業界の情報化に貢献します。

グループ概要

構造システム・グループは建築産業界の情報化を支援することを目的とし、専門分野別の3つの会社から構成されています。
建築の意匠設計・計画・環境をあつかう(株)建築ピボット、建築構造に特化した(株)構造システム、建物の保全・運用のシステム開発を行う
(株)FMシステムです。

構造システム・グループ
代表  加藤 准一

株式会社 構造システム

当社は建築構造に関するプログラムの開発を行っています。高度な解析技術と洗練されたグラフィック技術を用いて、構造分野に関連した種々の問題を解決し、構造安全性を実現する使いやすい設計環境を提供します。RC造から木造まで種々の構造形式の建物に対応し、設計計算から耐震診断計算までの幅広い計算ツールや図面作成ツールを用意しています。
今後は、構造システム・グループの特長を生かし、建築に関する情報の共有による使いやすい設計環境の構築に向けて努力していきたいと思います。
また、多くの利用者から寄せられる声に対応し、構造計算に関する技術情報も提供していきます。

株式会社 構造システム
代表取締役社長  加藤 准一


株式会社 建築ピボット

当社は建築設計の様々な場面で利用できるプログラムの開発を行っています。
設計の情報基盤となるCADや日影・天空率などの建築法規の確認を行うシステム、省エネルギーをはじめ環境に配慮した設計を支援するシステムを開発します。
また、煩雑になった設計事務所の業務管理を支援するシステムなども提供しています。

株式会社 建築ピボット
代表取締役社長  千葉 貴史


株式会社 FMシステム

当社はファシリティ・マネジメント(建物や施設の運営・管理)に関するプログラムの開発を行っています。
お客様の保有・管理している建物や施設のデータベースを作成し、現状分析、メンテナンスの計画策定、資産活用の経営戦略策定などを支援する情報システムを構築します。
また、FM関連の開発実績により、図面や画像、文書などの情報共有の技術を応用した情報管理プログラムも提供し、幅広い業種の方々にご利用いただいています。

株式会社 FMシステム
代表取締役社長  柴田 英昭




ページトップへ