トップページ>製品案内>MED-3 新機能紹介 カタログ請求ご注文方法・お問い合わせ

RC/SRC/S造および木造の断面計算

MED-3 Ver.3 新機能紹介


FAP-3/SNAPシリーズとの連携強化

任意形状立体フレームの弾性応力解析ソフト「FAP-3」や任意形状立体フレームの弾塑性解析ソフト「SNAPシリーズ(SNAP、SNAPLE、SNAP-S)」とモデル表示や主だった画面上の操作が統一され、さらに使いやすくなりました。
また、表示に関する各種ウィンドウモードが追加され、複雑な形状や大規模な構造物における応力計算から断面計算への作業がスムーズに行えるようになりました。

入力・表示・操作


操作画面

CADライクなマウス操作

従来のマウス、キーボード併用の操作系から、CADライクなマウス中心のモデル操作へ進化しました。拡大縮小、移動、回転などの基本操作がマウスのみで正確かつスピーディーに行えます。

ナビゲーションウィンドウ

モデル図などに追加されたナビゲーションウィンドウでは、モデル全体が簡易表示されています。詳細表示されている位置を確認できるほか、ウィンドウ上でマウスを操作するとモデルを回転できます。

プロパティウィンドウ

プロパティウィンドウ
入力、参照データ
モデル図と連動して、FAP-3やSNAPシリーズから転送した部材・断面の確認や、断面計算に関するデータの追加・確認・編集が行えます。モデルを見ながらより直感的に作業できます。

表示モードの追加

応力表示
応力表示
FAP-3やSNAPシリーズから転送した断面や応力を、モデルに表示できます。断面計算位置や横補剛位置も重ねて表示できるので、設計用応力の確認が容易に行えます。
表示モードの組み合わせ機能により、ワンクリックで表示項目を変更できます。表示モードの組み合わせはカスタマイズ可能なので、よく使う組み合わせを登録しておくことで、作業効率がさらに向上します。

断面の鉄筋・鉄骨表示 断面ボリューム表示 表示モードの組み合わせ

このページの上へ

計算機能


S造はり部材の2軸曲げを考慮した断面計算

S造はり部材の面外方向の曲げモーメントを考慮した断面計算が行えるようになりました。
はりの面外応力は、FAP-3やSNAPシリーズから転送できます。

S造はり部材の詳細応力に対する断面計算(FAP-3と連動時のみ)

S造はり部材の詳細応力に対して断面計算が行えるようになりました。
プラント構造物のように複雑な荷重ケースの場合でも、実情に近い応力分布状態を想定した断面計算が行えます。10等分位置・ハンチ位置・継手位置と荷重作用位置を考慮した最大100箇所で計算します。ただし、結果は7区間に分けて出力します。
詳細応力は、FAP-3から転送できます。

断面計算位置の例
詳細応力で検討する場合の断面計算位置の例(10等分位置+荷重作用位置+継手位置)

RC造はり・柱部材の靱性保証型設計(SNAPシリーズと連動時のみ)

RC造はり・柱部材の終局限界状態の応力・変形に対し、靱性保証型設計指針に基づいた断面検証が行えるようになりました。
終局限界状態の応力・変形は、SNAPシリーズから転送できます。

一本部材の指定

節点で分割された部材を一本の部材とみなして、断面計算が行えるようになりました。
一本部材の指定は、SNAPシリーズから転送できます。

鋼材・材質・認定品柱脚のデータベースの組み込み

鋼材・鉄筋材質・鉄骨材質・木造材質・認定品柱脚は、RC/SRC/S造建物の一貫構造計算ソフト「BUS-6/BUS-5」やFAP-3、SNAPシリーズと共通のデータベースを参照できます。
データベースはユーザ定義することもでき、ユーザ定義したデータベースは、FAP-3(鋼材のみ)やSNAP(鋼材・鉄筋材質・鉄骨材質・木造材質のみ)シリーズで共用できます。

このページの上へ

出力、その他の追加機能


出力形式の追加

断面計算結果の出力形式を、要点をコンパクトにまとめた“通常出力”、長期・短期毎に計算過程が把握できる“詳細出力”、応力組み合わせ毎に計算過程が把握できる“応力組み合わせ毎の出力”から選択できるようになりました。
また、判定がOKとなる部材とNGとなる部材で、出力形式と出力する断面計算位置の数を別々に指定できるようになりました。
断面計算結果の出力は、CSV形式のファイルに出力して、Microsoft Excelなどの表計算ソフトで利用することもできます。

通常出力 詳細出力
通常出力(はり:3箇所で出力時) 詳細出力(はり:7箇所で出力時)

算定図、検定比図の出力

検定比図
検定比図
断面算定・検定計算結果を算定図・検定比図として出力できます。
検定比図では、表示する検定比の最小値や、検定比の数値の大きさに応じた表示色を指定できるので、NGとなる部材やあと少しでNGとなる部材を一目で確認できます。

最近使ったファイルの縮小表示

最近使用したファイル一覧表
最近使用したファイル一覧表
最近使用したファイル一覧表とファイルを開くダイアログにモデルが縮小表示されます。
プレビュー画面により、ファイルを開く前にあらかじめモデルを確認できます。

このページの上へ


※「MED-3」は、株式会社構造システムの著作物であり、著作権およびその他の権利は株式会社構造システムに帰属します。