構造システムは、建築構造計算および各種構造計算用ソフトウェア(一貫構造計算、耐震診断計算、耐震補強、応力解析、振動解析など)のプログラム開発と販売を行っています。
トップページ  >  製品案内  >  +基礎  >  よくあるご質問
基礎フーチング・スラブの構造計算 構造モデラー+基礎


よくあるご質問

BUS-基礎構造を持っていると当面は無料で使えるのですか。

「BUS-基礎構造 Ver.5」と「構造モデラー+NBUS7」のライセンスをお持ちのお客様は、早期導入キャンペーン期間に「構造モデラー+基礎 Ver.1」への移行をご予約いただくと、先行して公開する「構造モデラー+基礎(基礎スラブ計算)」を無料でご利用いただけます。 「構造モデラー+基礎 Ver.1」の公開時(2022年6月予定)には移行費用と年会費が必要になります。
ご不明な点がございましたら弊社営業までお問い合わせください。

「構造モデラー+基礎(基礎スラブ計算)」は単独利用できますか。

「構造モデラー+基礎(基礎スラブ計算)」は単独利用できません。
「構造モデラー+NBUS7」のライセンスが必要です。「+NBUS7」で計算した建物データに連動して基礎フーチング、基礎スラブの計算と出力が行えます。
単独利用は、2022年6月公開予定の「構造モデラー+基礎 Ver.1」で対応予定しています。

「BUS-基礎構造」から「構造モデラー+基礎 Ver.1」への移行価格を
教えてください。

「BUS-基礎構造 Ver.5」から「構造モデラー+基礎 Ver.1」の移行価格は税抜10万円です。
「BUS-基礎構造 Ver.4」以前からの移行費用は税抜17万円です。
価格表はキャンペーンのWebページをご覧ください。
「構造モデラー+基礎 Ver.1」の公開時に上記の定価からキャンペーン割引を実施する予定です。

「構造モデラー+基礎 Ver.1」の年会費を教えてください。

2022年6月に公開予定の「構造モデラー+基礎 Ver.1」より年会費が発生します。
年会費は税抜3万円、複数本数を導入される場合は3万円×本数という計算になります。
これ以降は、会員様に新機能を順次提供してまいります。

BUS-基礎構造は販売終了になりますか。
サポート期間はいつまでですか。

「構造モデラー+基礎(基礎スラブ計算)」リリース後は「BUS-基礎構造 Ver.5」の販売は終了します。 「BUS-基礎構造 Ver.5」のサポート期間は、「BUS-6」のサポート終了と同じ時期を予定しております。 2023年春頃まで迄の予定ですが、開発状況によりスケジュールを調整する場合がございます。 スケジュールの変更がありましたら随時ホームページなどでお知らせします。

BUS-6とBUS-基礎構造は引き続き使えますか。

「構造モデラー+NBUS7」および「+基礎(基礎スラブ計算)」のライセンスをお持ちのお客様は、「BUS-6」と「BUS-基礎構造 Ver.5」を当面併用してご利用いただけます。 サポート期間は、上記の回答と同じく、2023年春頃までの予定です。

早期導入キャンペーンで「構造モデラー+基礎 Ver.1」を新規購入した
場合のライセンスと会費の扱いを教えてください。

早期導入キャンペーンで「構造モデラー+基礎 Ver.1」を新規購入されたお客様には、「構造モデラー+基礎(基礎スラブ計算)」と「BUS-基礎構造 Ver.5」のライセンスをお使いいただくことができます。 また、来年「構造モデラー+基礎 Ver.1」公開時の1年目の会費は無料、2年目以降も引き続きお使いいただく場合は年会費が発生します。

杭の計算、液状化や沈下などの計算に対応する予定はいつ頃ですか。

2022年6月公開予定の「構造モデラー+基礎 Ver.1」で対応予定しています。

構造モデラー+基礎の今後の開発予定はどうなっていますか。

開発ロードマップをご覧ください。

※スケジュールは随時更新されます。



※「構造モデラー」、「+NBUS7」および「+基礎」は、株式会社構造システムの著作物であり、著作権およびその他の権利は
株式会社構造システムに帰属します。



お問い合せ
お問い合せ
フォームでのお問い合せはこちら

購入を考えているので詳しく知りたい

製品をもっと活用する方法を知りたい

製品サポート専用窓口が知りたい

オンライン販売・レンタル

製品購入・利用

体験コーナー




トップページ  >  製品案内  >  +基礎  >  よくあるご質問