構造システムは、建築構造計算および各種構造計算用ソフトウェア(一貫構造計算、耐震診断計算、耐震補強、応力解析、振動解析など)のプログラム開発と販売を行っています。
トップページ  >  製品案内  >  NBUS7  >  よくあるご質問
RC/S/CFT造建物の一貫構造計算 構造モデラー+NBUS7


よくあるご質問

構造モデラー+NBUS7とはどのような製品ですか。

建物形状を入力する新ツール「構造モデラー」と一貫構造計算システム「NBUS7」で構成されています。

BUS-6とNBUS7の違いは何ですか。

NBUS7では、BUS-6では入力の難しい建物形状への対応、より高速化した一貫計算エンジン、新しい計算結果ビューアーを提供します。

BUS-6の入力データはNBUS7で開くことができますか。

BUS-6の対話入力形式データ(拡張子:BEI64)、テキスト入力形式データ(拡張子:BEE)のいずれのデータ形式もNBUS7で開くことができます。ただし、保存するときはNBUS7形式のデータファイルとして保存されます。
※NBUS7の入力データはBUS-6で開くことはできません。

会員制度は新しく加入必要ですか。

BUS-6とNBUS7は移行期間終了まで会員番号を共有できます。
現在BUS-6をご利用の場合はNBUS7を同じ会員番号でご利用可能です。
BUS-6、NBUS7をご利用でない場合は新しく会員制度に加入いただく必要があります。

BUS-6のサポートは継続しますか。

スムーズな移行を行って頂けるよう、NBUS7発売後、3年程度の移行期間を想定しています。その間はBUS-6サポートを継続いたします。

NBUS7への移行期間終了後、他のBUS-6シリーズ製品の販売、
サポートを継続しますか。

つぎのBUS-6シリーズ製品は継続して販売、サポートを行う予定です。
DOC-RC/SRC、DOC-S、DOC-3次診断

BUS-6で連携しているソフトはNBUS7と連携できますか。

例:BUS-基礎構造、BUS-COST、KT-SUBなど

BUS-6と連携するソフトはNBUS7では連携できません。
BUS-基礎構造とは整形な建物であれば連携できます。 BUS-COST、KT-SUBなどは当面は連携いたしませんが、順次対応を行う予定です。

NBUS7はSRC造には対応していますか。

現在、NBUS7の扱う構造種別は、RC造、S造(CFT含む)です。SRC造は後日対応となります。

BIMツールと連携できますか。

「BUS-6+Revit Op.」と同様のオプションと、ST-Bridge、IFCデータのエクスポート機能を提供予定です。

NBUS7の今後の開発予定はどうなっていますか。

開発ロードマップをご覧ください。

※スケジュールは随時更新されます。



※「NBUS7」は、株式会社構造システムの著作物であり、著作権およびその他の権利は株式会社構造システムに帰属します。



お問い合せ
お問い合せ
フォームでのお問い合せはこちら

購入を考えているので詳しく知りたい

製品をもっと活用する方法を知りたい

製品サポート専用窓口が知りたい

オンライン販売・レンタル

製品購入・利用

体験コーナー




トップページ  >  製品案内  >  NBUS7  >  よくあるご質問