トップページ>製品案内>BUS-基礎構造 操作ムービー カタログ請求ご注文方法・お問い合わせ

基礎・杭・地盤の一連計算

BUS-基礎構造 Ver.5 操作ムービー


杭基礎

BUS-6/BUS-5を併用して上部構造から基礎構造まで一連計算

基本条件の設定と液状化判定


基本条件の設定と液状化判定
【基本条件の設定】
基礎下端レベル、土質柱状図を入力します。

【液状化判定】
液状化判定を行い、液状化の危険性のある層に対しては水平地盤反力係数の低減係数を求めます。杭の水平力に対する変位・応力計算時に考慮されます。

杭の支持力計算


杭の支持力計算
【支持力計算式の設定】
鉛直支持力の計算式は、国土交通省はじめ、杭メーカー独自の認定工法を選択できます。

【杭符号の設定】
支持力計算の対象となる杭を、杭符号として入力します。

【杭の支持力計算】
支持力計算を実行し、結果を確認します。さらに、
先に作成した杭符号へ計算結果を反映させます。

杭基礎の自動生成


杭基礎の自動生成
【軸力、層せん断力の算出】
BUS-6/BUS-5で上部構造の応力計算を行い、軸力や層せん断力を求めます。

【杭基礎の自動生成】
入力された支持力と軸力から必要となる杭本数を算定し、杭基礎を自動生成します。生成された結果を確認した後、基礎せい、空きを調整します。

算定計算・検定計算


算定計算・検定計算
【算定計算】
算定計算結果を確認し、杭頭接合部のアンカー鉄筋や基礎フーチングのベース筋本数などを調整します。

【検定計算】
杭、杭頭接合部、杭基礎を検定計算します。

【曲げ戻し節点荷重】
BUS-基礎構造で求められた曲げ戻し荷重が、
BUS-6/BUS-5のデータに反映されていること
を確認します。

このページの上へ