←Back

任意形状立体フレームの弾塑性解析

SNAP Ver.8

新発売キャンペーン

2020年11月2日〜2021年7月31日

任意形状立体フレームの弾塑性解析ソフト「SNAP」

高度な解析をより高速に解りやすく

SNAPは、任意形状の構造物に対する部材レベルの弾塑性の動的応答解析、応力解析、増分解析を行います。優れた操作性と高度な解析機能を備え、データ入力から解析結果の表示・出力まで、スピーディーに行えます。解析を行う構造物の規模・データに制限はなく、マルチコアCPUを活用して複数の解析を同時に実行します。豊富な自動計算機能により効率よく解析モデルを作成し、多彩な出力機能により解析結果を視覚的に把握できます。超高層建物、制振免震構造、大空間構造などの建物や各種構造物の設計に加えて伝統的構法による木造建築物の性能確認・設計にも対応できる機能を備えています。

SNAP Ver.7 からの主な追加機能の内容

  • SNAP操作画面 最適化ツールとの連携

    入力データのテキストファイル読み書きに対応し、最適化ツールなどの他社製プログラムから、SNAPの入力データを編集できるようになりました。また、SNAPの複数の入力データファイルを指定し、バッチ処理することで、解析と結果出力を実行できます。

  • 制振部材のモデル化
    配置するエリアの四隅の節点を指定するだけで簡単に配置できます。X形、K形、V形、間柱形、シアリンクK形、シアリンクV形が扱えます。形状により、接続するはり部材や間柱に自動的に中間節点を生成します。間柱の場合、中間節点位置の剛域や塑性化を考慮することができます。

  • 幾何学的非線形
    指定された荷重分布での座屈荷重と座屈モードを算出します。また、節点変位から部材軸を更新して、幾何非線形解析を行います。

  • 構造計算書
    入力データ、固有値解析結果、応力解析結果、増分解析結果、応答解析結果、断面計算結果を一括で出力します。図表に富んだグラフィック形式で出力します。
    ※断面計算結果の出力は、SNAP-MD(別売)のライセンスがある場合のみ対応可能です。

  • SNAP-MD(SNAP Ver.8アドインソフト/別売)
    従来のSNAP→MED-3の流れで断面計算をするというデータ連携に代わりまして、SNAP Ve.8からはSNAPインタフェースに組込できるアドインの断面計算ソフトSNAP-MDを採用し、SNAP上で断面算定ができるようになります。SNAP-MDは2020年2月の発売を予定しております。
    なお、MED-3はSNAP Ver.8と連携できないため、その点はご注意ください。



製品概要 > 新機能 >

特  典

旧バージョンからのバージョンアップ購入、および、新規購入価格を10%オフ

SNAP Ver.8 キャンペーン価格 通常価格
新規購入(他に保守料が必要) 3,465,000円(税込) 3,850,000円(税込)
バージョンアップ Ver.7より 198,000円(税込) 220,000円(税込)
Ver.6以前より 247,500円(税込) 275,000円(税込)

SNAP LE Ver.8 キャンペーン価格 通常価格
新規購入(他に保守料が必要)  940,500円(税込) 1,045,000円(税込)
バージョンアップ Ver.7より  148,500円(税込) 165,000円(税込)
Ver.6以前より  198,000円(税込) 220,000円(税込)

SNAP-S Ver.8 キャンペーン価格 通常価格
新規購入(他に保守料が必要) 1,188,000円(税込) 1,320,000円(税込)
バージョンアップ Ver.7より 198,000円(税込) 220,000円(税込)
Ver.6以前より 247,500円円(税込) 275,000円(税込)

ご注意

※ 保守料はキャンペーン期間中でも値引きはありません。
  税込11万円、2ライセンス目の保守料は税込55,000円です。サポートセンターの質疑対応は、保守契約
  をされているお客様限定となります。

オンライン販売は、さらに10%OFF!>>>オンライン販売で購入する



RC/SRC/S造および木造の断面計算「SNAP-MD」
SNAPアドインソフト

断面計算に関する諸条件と荷重ケースを設定するだけで、SNAP上で断面計算を行えます。

SNAP-MDの主な機能

  • SNAP Ver.8 アドインソフト
    従来のSNAP→MED-3の流れで断面計算をするというデータ連携に変わりまして、SNAPインターフェースに組込できるアドインの断面計算ソフトSNAP-MDを採用し、SNAPの操作メニューから断面算定ができるようになりました。

  • 許容応力度設計
    検定計算は、存在応力度と許容応力度を比較し、安全性を確認します。
    算定計算は、存在応力度に対して主筋・せん断補強筋(RC/SRC造)、鉄骨板厚(S造)、断面せい(木造)などを算定します。はり・柱部材では、同一断面ごとに必要な鉄筋量や鉄骨を集計することもできます。

  • RC造はり・柱部材の靱性保証型設計
    RC造はり・柱部材の終局限界状態の応力・変形に対して靱性保証型耐震設計指針に準拠した断面検証が行えます。

  • 多様な表形式出力
    断面計算結果の出力形式は、要点をコンパクトにまとめた“通常出力”、長期・短期毎に計算過程が把握できる“詳細出力”、応力組み合わせ毎に計算過程が把握できる“応力組み合わせ毎の出力”から選択できます。



製品概要 >

特  典

旧バージョンからのバージョンアップ購入、および、新規購入価格を10%オフ

SNAP-MD キャンペーン価格 通常価格
新規購入 247,500円(税込) 275,000円(税込)
バージョンアップ MED-3 Ver.3より 49,500円(税込) 55,000円(税込)
MED-3 Ver.2以前より 99,000円(税込) 110,000円(税込)

ご注意

※ SNAP-MDはSNAP ver.8以降のプログラムが必須となります。
  バージョンアップでSNAP-MDをご購入の場合、MED-3の使用権は残ります。

オンライン販売は、さらに10%OFF!>>>オンライン販売で購入する



お問い合わせ

本キャンペーンのお申込方法は弊社営業部、または、販売店までお問い合わせください。
製品の内容については、弊社営業部までお問い合わせください。

株式会社構造システム 営業部 TEL:03-6821-1311 email:sales@kozo.co.jp

このページの上へ