構造システムは、建築構造計算および各種構造計算用ソフトウェア(一貫構造計算、耐震診断計算、耐震補強、応力解析、振動解析など)のプログラム開発と販売を行っています。
 >  > 製品情報 > 

木造の構造計算方法と弊社ソフトでの対応
木質構造では規模の小さな住宅から大規模・大空間まで、幅広い建築物を計画できますが、規模や構法により適用される計算方法が異なるなど少し複雑な面もあります。
この表は、「2015年版」建築物の構造関係技術基準解説書」などを参考に、高さ31m以下の木質構造に限定して計算方法を整理したものです。
なお、枠組壁工法と木質プレファブ工法は平成13年国土交通省告示第1540号に構造安全上必要な技術基準が定められています。

2017年11月 改訂 

種類 規模など 対応する弊社
ソフト
計算方法・計算機能など
階数 高さ 延べ床面積 計算
ルート
一貫構造計算機能
※11
壁量計算
※12
許容応力度計算
※13
混構造 層間変形角の検討 剛性率

偏心率の検討
接合部金物の検討
軸組構法
※1
2階以下 高さ13m以下、
軒高9m以下
500m2
以下
HOUSE-4号
HOUSE-ST1
- - - - - N値計算法
500m2
HOUSE-ST1
※5
ルート1
※14
- - 2階以下
平12建告1460号
N値計算法
N値計算法準拠の方法

3階
N値計算法準拠の方法

品確法
平12建告1460号
N値計算法
3階以下 高さ13m以下、
軒高9m以下
-
集成材等建築物
※2
耐力壁構造
※4
3階以下 高さ13m以下、
軒高9m以下
- -
※16
ラーメン構造

耐力壁構造
3階以下 高さ13m以下、
軒高9m以下
- WOOD-ST
※6
ルート1 -
※15

※16
軸力+曲げ、曲げ+せん断などの複合応力による接合金物の検定計算
高さ13m超で
31m以下、
または
軒高9m超
ルート2
※10

※17
- 高さ13m超で
31m以下、
または
軒高9m超
- FAP-3

MED-3
※7
ルート2 - - -
※17
接合金物の検定計算
SNAP

MED-3
※8
ルート2 - - - -
CLTを用いた建築物
※3
- 高さ31m以下 - SNAP ルート3 - - - -
伝統的構法 - 高さ31m以下 - SNAP

MED-3
※9
- - - - -






 >  > 製品情報 >