トップページ>製品案内>SNAP 操作ムービー カタログ請求ご注文方法・お問い合わせ

任意形状立体フレームの弾塑性解析

SNAP 操作ムービー


地震応答解析

1.弾塑性モデルの自動生成

1.部材の断面・配置位置を入力して、属性を自動生成


属性の自動生成
壁、壁の開口、床などを入力して、危険断面位置、剛性増大率などの属性を自動生成します。

2.荷重と質量を自動生成


荷重と質量の自動生成
柱、はり、壁、床の仕上や積載荷重などを入力して、常時荷重、質量、地震力を自動生成します。

3.弾塑性モデルを自動生成


弾塑性モデルの自動生成
1、2で入力した各部材の断面(形状・配筋)から、弾塑性モデルを生成します。


2.地震応答解析

解析と結果の確認


地震応答解析
減衰と地震波を入力して、応答解析を行います。
解析結果は、数値と図で出力します。個々の部材の履歴、層の最大値、建物のエネルギーなど、詳細から全容までを分かりやすく表示します。

このページの上へ