開催報告


2018年10月10日(水)、東京・御茶ノ水 ソラシティ ホールで開催されました「建築とITのフォーラム 2018」が終了しました。
今回も構造システム・グループの3社が、構造フォーラム、建築・FMフォーラムを企画し、多くのお客様にご来場いただけました。
来場者の方々には、お忙しい中ご参加頂き、誠にありがとうございました。

イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ

公開許可を頂いております講演の動画の公開をしております。閲覧希望者の方は、下記よりお申し込みください。



構造フォーラム Hall West

免震・制振構造の最新事例とBIM活用の展望

建築構造分野で注目を集めている「免震・制振」と「BIM」という2つのテーマでフォーラムを企画いたしました。免震・制振構造は、学術研究や技術の動向と設計事例をご紹介いたします。
BIM(Building Information Modeling)は、お客様企業の取組みと弊社構造計算ソフトのデータ連携の進化についてご紹介いたします。







建築・FMフォーラム Hall East

これからの建築を考える ~AI、サステナブル、施設マネジメント~

私たちには様々な社会的な課題がありますが、建築とそれに関わる人々はそれらを解決する力を持っているのでしょうか。また、昨今AIなどのIT技術も注目されていますが、コンピュータの果たす役割はどのように変わっていくのでしょうか。
一方、サステナブルな建築を造り、継続的に運用していく、あるいはリノベーションしていく中、扱うべき領域も拡大しています。建築にかかわる人々の果たすべき役割も変わっていくことは間違いがありません。
本フォーラムでは、AI・デジタル技術、サステナブル建築、施設マネジメントなどの領域でイノベーションを起こすであろうトピックスに焦点をあて、これからの建築を考えます。





公開許可を頂いております講演の動画の公開をしております。閲覧希望者の方は、下記よりお申し込みください。